HOME

講師紹介

Shyhoo

Shyhoo

担当:
英語専門家
総受注件数:
7
出身国:
日本
居住国:
ギリシャ
講師の特徴
  • 受験対策が得意
  • ビジネス英語が得意
主な取得資格
2001年 実用英語技能検定1級取得
2018年 TOEIC 990点取得
講師からお知らせ
未入力です。
趣味・好きな国・訪問した国
高校2年生の時の米国留学が最初の海外体験で、途中、日本帰国を挟みつつ、通算で米国在住3年、非英語圏在住は9年、現在住んでいるギリシャは6年目になります。

今はコロナ禍で叶いませんが、旅行も好きです。
これまでに行ったのは、ヨーロッパ内15ヶ国、アメリカ、カナダ、韓国、タイです。
スペインにはまだ行ったことがないので、いつかガウディの建築を見に行きたいと思っています。

海外ドラマが好きで、特に医師、弁護士が主役のドラマをよく観ています。
添削へのこだわり・メッセージ
みなさまは、何をきっかけに「英語ができたらいいな」と思うようになったでしょうか。

私の場合、小学3年生の時、国際結婚をした伯母が旦那さんと英語で話すのを聞いていて、ちんぷんかんぷんながらたった一語".....snow....."というのを耳が捉え、「ああ、北海道への出張から帰ったおじさんがの雪の話をしているんだ!」と感動したのが、外国語に興味を持った最初かもしれません。
今のように幼児向けの英語教室などは一般的でなかった時代、6年生でやっと週一回の英会話に通い始めました。
中学生時代は、全盛期のマドンナの曲を歌詞カードを見ながら必死にカセットテープ(!)に合わせて歌っていました。授業でピンとこなかった完了形が、マドンナのおかげですっと頭に入ってきたのを覚えています。

「そのうち機械翻訳の性能が向上して、外国語など時間をかけて学ぶ必要はなくなる」などと言われたりもしますが、やはり自分の耳で理解し、自分の頭で考えた言葉を自分の声や文字でで伝えることの喜びは、機械翻訳では得られないものだと思います。
母国語でも自分の考えを100%正確に伝えるのは難しいものです。自分の伝えたいことを英語にする過程で、自然と日本語の感覚も研ぎ澄まされていくことと思います。
お客様と一緒に言葉の世界の探検ができることを楽しみにしております。

日本生まれの日本育ちですが、自分自身も英語の習得に苦労した経験から、英文法の解説も丁寧に行いたいと思っております。
文法の知識がしっかりすることで、書く英語、話す英語に自信が持てるようになります。
お客様の文章を生かし、伝えたいことを伝えられる英語に添削することを心がけます。
  • レビューはありません。

講師一覧へもどる

ページTopへ
新規メンバー登録・今なら無料登録で100ポイント(1,200円相当)プレゼント中!
無料メンバー登録
TOEIC(R) and TOEFL(R) are registered trademarks of Educational Testing Service (ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.
英検(R)は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。
当サイトに記載されている会社名、学校名、サービス名及び製品名等は、各社の登録商標または商標です。