HOME

講師紹介

Oasist

Oasist

担当:
英語専門家
総受注件数:
107
出身国:
日本
居住国:
日本
講師の特徴
  • ビジネス英語が得意
  • 受験対策が得意
主な取得資格
【学位】
英米文学(学士、立教大学)

【保有資格】
■ 英語
● TOEIC® L&R 915点(L: 460点, R: 455点)

■ IT
● 応用情報技術者
● 基本情報技術者
● 情報セキュリティマネジメント
● ITパスポート

■ その他
● 珠算2級
● 暗算3級

【語学習熟度】
● 英語: ビジネス
● 日本語: 母語
講師からお知らせ
【契約稼働日】
火曜日・木曜日

【納品目安】
36時間以内
趣味・好きな国・訪問した国
【趣味】
● プログラミング
● 言語学
● 英語学習
● テレビ、映画鑑賞
● 漫画・アニメ(ドラゴンボールやSLAM DUNKなど昔の作品)
● 温泉、サウナ、銭湯
● 音楽鑑賞(Oasis, Bon Jovi, B'z, L'Arc~en~Ciel, スピッツ、中島みゆき 、やなわらばー、よなは徹 他)
● ひとりカラオケ
● 運動(散歩)
● お酒(ウィスキー、焼酎が特に好き)
● ファッション(主にフォーマルスタイル)
● 断捨離(持ち物は最小限に)

【特技】
● 松濤館空手(幼稚園年長〜中学2年まで、初段黒帯で引退)
● 暗算(3桁15行程度の見取暗算、読上暗算ならまだ可能)
● 家事(部屋は清潔かつ機能的に)

【苦手なものごと】
● 理系科目
● 人が沢山集まる場、人混み
● 早寝早起き(夜型人間)
● 体育会系のノリ
●「自称」コミュニケーション力高い人

【滞在経験がある国】
● オーストラリア
● ニュージーランド
● トルコ
● フィリピン
● 香港
● 中国(トランジット)
● ドバイ(トランジット)
添削へのこだわり・メッセージ
【自己紹介】
私自身、帰国子女でも何でもない、いわゆる「純ジャパ」で、多くのお客様と境遇は同じです。

中学生時代から学校での英語の成績は良かったのですが、大学受験の時に「丸暗記」の知識では歯が立たないことを思い知らされ、大きな挫折を味わいました。
現役生時代に出会った予備校講師が徹底的に理論を追究するスタイルで、それに大きな感銘を受けて「語学に暗記は付きものだが、丸暗記は悪。重要なのはリーズニング(理由付け)だ」という信条を持つに至りました。
結局現役生時代には受験に失敗したのですが、自宅浪人で捲土重来することができ、1番苦労して思い入れのあった英語の道に進もうと決めました。

大学生時代は英語学を専攻し、多くの国際交流活動に関わりました。
また、オーストラリアに1年間滞在し、NSW州・シドニーの語学学校での学習、QLD州・ハミルトン島での勤務、そして日本語教師アシスタントとしてNSW州St Ives高校にて対高校生の日本語の授業を経験しました。

これらの経験は、私に英語に対する深い洞察を与えてくれました。
英語という言語を通して文化・歴史・政治を知り、そのことが母語である日本語をより深く知るきっかけとなりました。

「一つの言語しか知らないことは、一つの言語も知らないのと同じことである」を座右の銘とし、添削指導にあたらせて頂いております。
英語力向上が表ゴールではありますが、同時に英語学習を通した国語力向上が裏ゴールです。

一緒に語学力を高めていきましょう。
皆様のご依頼、心よりお待ちしております。

【添削スタイル・ポリシー】
私個人の英語はイギリス英語の語彙や綴りを踏襲しておりますが、お客様の入稿頂く英語に合わせて柔軟に対応致します。
決して当方の英語スタイルを押し付けることはございませんので、ご安心ください。

基本ポリシーは「誤魔化さずに解説する」ことです。
「いつ、どこで、誰が検証しても同じ結果になる」ための再現性を重視しており、文法用語を多く用い、論理的に説明することにこだわっています。
そのため、理論派・感覚派によって好みが分かれる添削スタイルであると言えるでしょう。

上述の基本ポリシーを遵守するため、以下の三本の柱を大切にしています。

① お客様に入稿頂いた原文を尊重し、出来るだけ変更を加えないこと。
② 一つひとつの文の文法やコロケーションにおける間違いに対し論理的な説明をすること。
③ 文章全体における行間を徹底的に読み込み、ディスコースマーカーを含む文脈の呼応に基づいた適切なキーワードの使用を検証し、一つひとつの文だけでなく文章全体に関するフィードバックをお返しすること。

【お客様へのお願い】
お預かりする英作文は、お客様が労力をかけてご入稿頂く大切な成果物ですので、最大限有用なフィードバックをお返ししたいと考えております。
そのため、一度書き上げた文章を時間を置いて見直し(セルフレビュー)をかけて頂き、以下の4つの観点で問題がないかを確認後入稿頂けますと幸いです。

① 課題英作文の場合、解答要件を満たしているか: 疑問文の箇所をよく読み、「何を問われていて、何を答えなければならないのか」を把握する。その上で「序論 → 本論 → 結論」の順で論理展開する。「根拠を添えて解答しなさい」という指示がある場合、必ず具体的なデータや数字を明示する。
② 一つひとつの文の語彙・文法において間違いがないか: 自然なコロケーションの使用、人称や数・時制の一致、適切なパラフレーズ(言い換え)、旧情報と新情報の適切な使用など。
③ 文章全体の論理構造や展開に矛盾がないか: 「序論-本論-結論」の基本アウトラインへの準拠、文脈に基づいたディスコースマーカー(論理展開を表すキーワード)の適切な使用など。
④ 英文と日本語対訳の乖離がないか。

もちろん、自力で解消できない疑問点に関しては、遠慮なくお申し付けください。
双方にとって、最大限実りのある時間とするために、ご協力をお願い致します。

※ 特に③と④に関しましては、抜本的な書き直しが必要な品質の場合、リクエストをキャンセルさせて頂く場合がございます。滅多にないケースではございますが、QCD向上のためご了承頂きますよう宜しくお願い致します。
  • Kooyama

    Kooyama

    正直なところ自分の英語力にはそれなりの自信を持っていましたが、見事に打ち砕かれました。こんな感覚は久しぶりです。ぜひまたご指導いただけることを楽しみにしております。ありがとうございました。

    ★★★★★
  • yomeiblues

    yomeiblues

    細かい解説ありがとうございました。また、よろしくお願いいたします。

    ★★★★★
  • pisces75552

    pisces75552

    Oasist先生
    ご丁寧な添削をありがとうございました!
    先生の熱いメッセージに感激しております。
    頂いた内容を何度も読んで勉強します。

    ★★★★★
  • sirius46394

    sirius46394

    丁寧に添削、解説頂きありがとうございます。文の構造、接続詞について復習したいと思います!また、よろしくお願いします。

    ★★★★★
  • cucumber64523

    cucumber64523

    丁寧なご添削誠にありがとうございました。ご指摘いただきました部分を気を付けてまた次回に活用したいと思います。また機会があればよろしくお願いします。

    ★★★★★
  • idiy2016

    idiy2016

    有難うございました。
    丁寧に添削して頂き、とてもスッキリとした良い文になりました.嬉しいです。
    Whose が使ってあるのに驚きました.もう使わないと思っておりました。有難うございました.
    色々教えて頂きました.これからも、宜しくお願い致します。

    ★★★★★
  • dimgray13943

    dimgray13943

    ありがとうございます!文法ですね。

    ★★★★★
  • mikitin154

    mikitin154

    丁寧に添削をしていただき、ありがとうございました。
    勉強方法のアドバイスなど大変参考になります。熟語集、持っていませんでしたので、手元に一つ置いておきたいと思います。
    リーダーフレンドリーを気にしながら今後英作していきたいと思います。

    ★★★★★
  • idiy2016

    idiy2016

    有難うございました。
    丁寧に添削して頂き沢山勉強出来ました。
    一つ一つ、心当たりのある事ばかりで、先生にご指摘いただいて、自分の弱い部分が浮き出て、怖いくらいです。まず。手短なことから見直していきたいと思います。
    これからも、色々教えて下さいませ。

    ★★★★★
  • birdie3

    birdie3

    添削ありがとうございました。
    今回教えていただいたことを復習し、使っていきたいと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    ★★★★★

講師一覧へもどる

ページTopへ
新規メンバー登録・今なら無料登録で100ポイント(1,200円相当)プレゼント中!
無料メンバー登録
TOEIC(R) and TOEFL(R) are registered trademarks of Educational Testing Service (ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.
英検(R)は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。
当サイトに記載されている会社名、学校名、サービス名及び製品名等は、各社の登録商標または商標です。