クリスマス期間限定。10%ポイント増量キャンペン実施中!2017年12月11日~12月25日
HOME

受験対策を
もっと効率的に。

このような記述形式問題の確実な自己採点は可能なのでしょうか?
自分で自分のミスを見逃したり、または少し良い気分になりたいからと甘く採点したり…
では、どうすれば英作文学習において短期的に且つ、効率的に成果を上げることができるのでしょうか?
私たちは、このような悩みを解決するために、教員免許を有する教員や塾・予備校での指導経験のある受験対策のプロフェッショナルと協力しオンラインでの24時間マンツーマン指導を実現。お客様の答案をチェックして「自分が何を間違えたか」「自分にはどのような改善点が必要か」を丁寧に文法解説し添削・アドバイスを行います。ぜひこの新しい学習法を使って、あなたも短期間で大きな成果を獲得してください。

お客様からの喜びの声

青山学院大・法政大学合格
英作文で高得点を取り、周りと差をつけ、合格を勝ち取ってください!

私がidiyのサービスを使い始めたのは、大学受験の約2ヶ月前でした。それまでは、対策など全くやっていませんでした。また、私はspeakingは得意でしたが文法がほとんど分からず、減点ばかりの英作文しか書くことが出来ませんでした。しかし、yassan先生の丁寧でとても分かりやすい添削のおかげで文法ミスが激減し、英作文の書き方も定着しました。文法の説明をする際にも、文法が苦手な私にも分かるような文法説明をして頂けました。Idiyでの丁寧な説明は、英作文に限らず、語句整序問題や、穴埋め問題にも、とても役にたちました。質問にも毎回丁寧に答えて頂けたため、英作文に対する疑問がどんどん解けていったことを覚えています。大学受験での英作文は、周りの人が思っているより配点が高いと思います。英作文でいかに減点されずに得点を取れるかが合格の鍵になると言っても過言ではありません。受験は、全国から頭の良い人が沢山集まってきます。英作文で高得点を取り、周りと差をつけ、合格を勝ち取ってください!!

利用したサービス

持ち込み英文添削

自由英作文課題

菊里高等学校合格
IDIYで習ったことを存分に使い、見事満点を取ることができました!

私の住んでいる県の英語のテストでは、高配点の自由英作文が出題されます。私はIDIYを始めるまでは、ほとんど点数が取れませんでした。しかし、IDIYの先生方が丁寧に添削し、解説してくださったので、模試などでだんだんと点数が取れるようになっていきました。また、IDIYの先生方は、添削・解説だけでなく、他の例文なども教えてくださるので、とても助かりました。本番ではIDIYで習ったことを存分に使い、見事満点を取ることができました!!

私が高校入試の英語のテストでA日程・B日程ともに満点を取り、第一志望に合格できたのは、IDIYのお陰です! Thank you very much!'

利用したサービス

持ち込み英文添削

自由英作文課題

神戸市外国語大学合格
入試ではスラスラと書くことができ、無事に志望大学に合格することができました。

IDIY利用当初は苦手意識を持っていた英作文ですが、数をこなせばこなすほどコツが分かり、使える言い回しを覚えることが出来たので、入試ではスラスラと書くことができ、無事に志望大学に合格することができました。いつも丁寧に添削・解説してくださった講師の方のお陰です。今後、機会があればまた利用したいなと思っています。有難うございました!

利用したサービス

自由英作文課題

和文英訳課題

横浜国立大学合格
予想以上に一文一文丁寧に見てもらえて嬉しかったです。

英文添削アイディーには、とてもお世話になりました。英文法や長文読解なら自分で答え合わせをすることが出来ましたが、2次試験で課せられる自由英作文は漠然とした採点しか出来ず、不安がありました。学校の先生に添削してもらうと時間がかかりますし、自宅から学校までの距離も遠かったので、受験直前期にアイディーを利用することにしました。初めて利用するときは、本当にしっかりと添削してもらえるか心配しましたが、予想以上に一文一文丁寧に見てもらえて嬉しかったです。様々な事情で他人に添削してもらいづらい状況の人にはと、特におすすめします。みなさんの合格を願っています。頑張ってください!

利用したサービス

持ち込み英文添削

公立はこだて未来大学合格
これから試験を受ける人には、ぜひおすすめします!

大学受験の2次試験対策にアイディーを利用しました。 センター試験後、自宅学習してよいことになったので、下宿を離れて実家に戻りました。そこで困るのは英作文を添削してくれる人が身近にいないことです。英作文、添削、とネットで打ったところ、出てきたのがアイディーでした。ほかの添削サービスも調べたのですが、添削の作業時間がスピーディーだったのと、圧倒的なコストパフォーマンスで決めました。 初めての投稿でたまたま添削してくれた先生がとても分かりやすく、その後はできる限りその先生に見てもらうようにしました。一人の先生に添削してもらう利点は、繰り返し同じ注意をしてくれるところです。一度直されてもついつい同じ間違いをしてしまったのですが、何度も注意してくれ、なぜこれがいけないのかをじっくり教わることができました。また、大学の求める趣旨を理解してくれて、「このように表現したほうがより好まれるのでは」というアドバイスをしてもらえたのがありがたかったです。 自分は定期券の利用で、フルに添削してもらいました。おかげで初めは自信のなかった英作文の試験も余裕をもって受けることができました。先生、ありがとうございました。 これから試験を受ける人には、ぜひおすすめします!

利用したサービス

持ち込み英文添削

自由英作文課題

添削列

英語専門家による添削例

お客様からいただいた原文
私は今日部屋を掃除した。(お客様日本語文)
I cleaned the whole the house today.(お客様英文)

アイディーの英語専門家の回答
I cleaned the whole house today.(添削結果)
伝わりますがより自然になるように補足しました。(添削理由)

アイディーの英語専門家の解説とコメント
とても良く英語の文法を使われています。惜しい箇所が一つだけ、wholeとhouseの間にある二つ目の冠詞のtheが必要ありません。それ以外は、全く問題ありませんよ!

wholeは「全体的な」や「すべての」という意味の形容詞で、名詞にかかります。この場合は「家」という意味のhouseにかかりますね。通常、冠詞は名詞の前に付きますが、その名詞の前に形容詞(その名詞を修飾する言葉)がある場合、冠詞は形容詞の前にきます。よって、the whole houseで「その家全体」や「その家中」という一まとめの単語になります。原文でwholeの前にtheを持ってこられたのは大正解です。



ネイティブによる添削例

お客様からいただいた原文
Because I am tired, I seem to be able to sleep well.(お客様英文)

アイディーのネイティブの回答
I am tired, so I should be able to sleep well.(添削結果)
I fixed some of the parts to make them more natural way of saying.(添削理由)

アイディーのネイティブの解説とコメント
1) When we use “seem(s) to,” it does not refer to the future: it means that we have looked at something and seen how it looks in the present. What you want to say here is the future--”When I go to sleep, I think I will be able to sleep well.” That’s one possible phrasing, and I’ve offered another, “I should be able to sleep well.” You could also say “I’ll probably sleep well” or “I expect to sleep well,” among others. 2) In order not to begin two sentences in a row with “because,” I took it out here and changed the sentence to use “so.” The meaning is the same.

この時期から志望校の出題傾向や出題形式を考慮した「対策」のみに徹していませんか?受験を制するには出題傾向の対策はもちろん大事ですが、英文法や英語構文、和文英訳や英文読解、などといった総合的な学力が伴っていなくては、最終的な学力の伸びしろは限られてしまいます。難関校であっても、過去問を通した本格的な「対策」は秋以降の直前期からでも間に合いますが、入試の日までに基礎力を確実に固められている受験生は多くありません。そのため、基礎力をしっかりと固めることが、最終的に周りの受験生との差をつけることにつながります。そのため、英作文を通じて、英語の基礎的な実力を鍛えることを最優先に、早い段階から定期的に、そして、長期的にコツコツと英文ライティングを継続していくことをお勧めしています。

いよいよ実践的な対策の時期です。持ち込み英文として、積極的に手元の参考書や過去問の添削指導を受けましょう。講師検索機能を利用して、積極的に受験対策のプロフェッショナルに添削を依頼しましょう。また、手元に参考書や過去問が無くとも、自由英作文課題から大学の過去問改訂版に挑戦するのもお勧めです。センター試験後から国立二次試験直前までの間は受験生からの添削依頼が急増しますので、人気の講師を指名する場合には12月頃から計画的にご利用ください。また、添削答案はいつでもpdfファイル形式として保存・プリントができるのでバインダーファイルに入れて持ち歩き、いつでも復習ができることで苦手分野を克服することが可能です。
おすすめのサービス

持ち込み英文添削

英語日記課題

日替わり英作文課題

自由英作文課題

和文英訳課題

写真描画課題

よくあるご質問

私が持っている参考書や問題集・過去問の回答を添削してほしいのですが、可能でしょうか??

はい。「持ち込み英文」として英文をご入稿いただければ、市販の参考書の課題や入試の過去問、授業で出題される英作文課題、スピーキング対策などあらゆる英文の添削が可能です。
参考書の図表を添付したいのですが、どうすればよりですか?

スマートフォンのカメラで参考書やテキストの図表を撮影し、入稿時に添付すれば、講師はその図表を見ながら添削指導をすることができます。
予備校のフォローアップ体制との違いは何ですか?

大手予備校の場合、人気講師への直接質問したくとも、常に長蛇の列が形成されており気軽に質問ができる状況ではありません。一方、アイディーの場合、「英文を書いている時」と「添削指導後」の2つのタイミングで講師へ質問ができるフォローアップ機能が用意されており、疑問に思ったことをいつでも講師に尋ねることができます。お客様一人一人の弱点傾向を講師が即座に把握できる指導履歴データベースが、講師による質問に対しての的確な回答を支援しています。
大手通信教育講座との違いは何ですか?

大手通信教育講座の場合、多くは添削者がマニュアルに書いてある指導内容の転記できるように、毎月テキストに沿って決められた課題を提出するようになっています。もちろん、マニュアルに準拠した画一的な指導も大切ですが、アイディーでは受験指導のプロフェッショナルがお客様の英文を見て、指導内容をその状況に応じて毎回書き下ろしているため、圧倒的に効率的な指導を受けることができます。
中~高校受験に利用することはできますか?

はい。可能です。持ち込み英文による受験対策はもちろんのこと、中学1~2年生やや高校1~2年生は英語に慣れ親しみ、基礎力を付けることも重要です。そのため、英語能力試験に役立つ毎日日替わりで出題される「写真描画課題」をはじめ、英会話対策の「和文英訳課題」、今日の出来事を英語で説明する「英語日記課題」などもお勧めです。
中学2年生で英語が得意ではありません。私でもアイディーを利用できますか?

はい。アイディーにはパーソナライズド設定という、お客様の学力や年齢、目的や目標を講師に通知できる機能が用意されています。講師はその情報を元に、お客様の学力や年齢に応じて、最適な指導を致します。
ページTopへ
新規メンバー登録・今なら無料登録で100ポイント(1,200円相当)プレゼント中!
無料メンバー登録