HOME
ご利用方法
簡単ご利用方法
Step1 まずはアイディーを使ってみましょう!

アイディーは24時間ご利用いただける世界とつながった英語添削サービスです。まず、お試しポイントを利用して、添削対象の英文と添削の際に設計図となる日本語文を入稿してみましょう。

Step2 課題に挑戦しますか?それとも持ち込み英文を添削しますか?

入稿設定画面では、「英文の種類」の項目で「課題に挑戦する」か、「持ち込み英文添削を利用する」か、選択することができます。

まずは、気軽に課題に挑戦し、英作文を楽しみたい方は、日替わり英作文課題や和文英訳課題、自由英作文課題を、課題に縛られず自由に英作文したいお客様は「持ち込み英文」や「英語日記課題」をご選択ください。

Step3 指名機能の活用が重要!もっと楽しくスキルアップ!

講師のプロフィールを見ながら、講師を指名しましょう。アイディーには英語教育のスペシャリストが多数在籍しています。「この人だ!」と思う講師が見つかったら、積極的に指名してみてください。

指名をすればするほど、講師側にお客様の情報が蓄積されますので、お客様のライティングの癖や苦手な点も把握することができ、アドバイスの精度が向上します。まさにプライベートレッスン感覚でご利用いただくことができます。

また、相性の良い講師を頻繁に指名頂し積極的に講師とメッセージ欄をご活用いただき、交流してみてください。

Step4 添削結果を受け取ったら講師にお礼のスターを贈りましょう。

添削結果を受け取ったら「講師にスターを贈る」機能をご利用いただき、講師にお礼のスターを贈りましょう。「スターを贈る」機能のメッセージ欄からは直接講師にお礼のメッセージを送ることができます。

講師もお客様とのコミュニケーションを楽しみにしておりますので、英語学習だけでなく世界で活躍する講師との交流がお客様にとって良い経験になれば幸いです。

メリット・デメリット

メリットデメリットを知って上手に活用!お得に英語添削!

メリット
  • 低価格で手軽に英語添削がご利用いただけます。
  • 添削のご利用・お支払い・納品も24時間。
  • 添削結果だけでなく、充実の解説も付録。英語学習に最適。
デメリット
  • 添削結果だけでなく、充実の解説も付録。英語学習に最適。
  • 指名しなければ世界中の講師へ手配されます。
  • 日常使わない用語や表現が含まれた場合、原稿をお戻し致します。
  • 納期のお約束は行っておりませんので、緊急性の高い原稿はご遠慮ください。

ここがおススメ!特徴

手軽に英語添削をご利用いただくため、上記のメリット・デメリットをご理解の上ご活用下さい。 指名機能や質問機能などを活用すれば多くのデメリットをメリットへ変えることができます。
おすすめのご利用方法
アイディーのご利用方法(初心者編)

今日の出来事を英語でまとめるトレーニング「英語日記」や自由英作文に中から比較的簡単な「英会話トレーニング」等をお選び頂き、チャンレジしてみましょう。英会話の表現なども一緒に習得すれば楽しみながら英語に触れることが出来ます。「海外旅行のために英語が使えるようになりたい!」「英語を初歩から効率的にやり直したい!」「外国人に思っていることをもっとうまく伝えたい!」といったご要望実現のためのカテゴリを細かくご用意いたしました。また、ここでメンターとなる相性の良い講師を見つけることも今後の学習のポイントになります。良い講師がいたら積極的に指名してみましょう。

おすすめのご利用方法(初心者編)

  • 学べる添削コース(英語専門家)+ 英文Eメール課題(返信課題)
  • 学べる添削コース(英語専門家)+写真描写課題
  • 学べる添削コース(英語専門家)+ 日替わり英作文(初心者向け)
  • 学べる添削コース(英語専門家)+ 自由英作文(英会話トレーニングなどのカテゴリ)
  • 学べる添削コース(英語専門家)+ 英語日記
  • 学べる添削コース(英語専門家)+ 和文英訳
アイディーのご利用方法(中級者編)

自由英作文の得意なジャンルで自分の意見を美しくまとめるトレーニングや、日替わり英作文にトライしてみましょう。日替わり英作文は毎日違う課題が出され、時にお客様の不得意なジャンルについて出題されることがあります。不得意なジャンルにあえてチャレンジすることで、さらなるライティング能力向上につなげてください。また、この時点で英語日記や自由英作文でなどをネイティブで入稿することもとてもお勧めです。英語日記や自由英作文をネイティブに添削されることで、より自然で使用頻度が高い語彙を効率的に学ぶことが出来きるだけでなく、解説の英文を読解するリーディング能力の習得も一緒に狙いましょう。

おすすめのご利用方法(中級者編)

  • 学べる添削コース(英語専門家)+ 持ち込み英文
  • 学べる添削コース(英語専門家)+ 英文Eメール課題(新規課題)
  • 学べる添削コース(英語専門家)+ 自由英作文(興味のあるジャンル)
  • 学べる添削コース(英語専門家)+ 日替わり英作文(上級者向け)
  • 学べる添削コース(ネイティブ)+ 英文Eメール課題
  • 学べる添削コース(ネイティブ)+ 写真描写課題
  • 学べる添削コース(ネイティブ)+ 英語日記
  • 学べる添削コース(ネイティブ)+ 自由英作文(比較的簡単なカテゴリ)
アイディーのご利用方法(上級者編)

積極的にネイティブを活用し、外国人による英語で英語を学習するプロセスに移行しましょう。 学べる添削コースでネイティブを選択することで解説も英語で届きます。 英語で書いてある英文添削の解説理解は想像以上に難しく、 英文の正しい内容理解によってライティングスキル向上につながる上級者には最適の学習法です。

またわからないことを英語で質問することで、ライティングとリーディングの能力をさらに効率的に習得できます。 また、お客様のスキルなら比較的簡単な文法ミス・スペルミスは大幅に減少していますので、お手軽添削コース等で ご利用コストを下げることもポイントです。

おすすめのご利用方法(上級者編)

  • 学べる添削コース(ネイティブ)+ 全サービス
  • お手軽添削コース(英語専門家)+ 全サービス
アイディーのご利用方法(超上級者編)

もはやライティングスキルに大きな問題はありません。そのため、端的に違和感のある箇所を ネイティブに指摘してもらうだけで、指摘理由はお客様で判断できるはず。 高額の「学べる添削コース」よりも低価格のお手軽添削コースを積極的に活用することをおすすめ致します。 お客様の英文をネイティブエディターの美しい英文に近づけるための最終工程としてご利用下さい。

おすすめのご利用方法(超上級者編)

  • お手軽添削コース(ネイティブ)+ 全サービス
添削精度にお悩みの方へ
アイディーの英文を変更しすぎ!提案は最小限にしてほしい場合

英文の変更方法は原則講師にお任せとなるため、講師によって英文を大幅に変更する講師や、お客様の英文を可能な限り生かしながら添削を行う講師もおります。

この場合、添削原稿入稿時に、どのような添削方法がご希望ですか?という欄を「英文をできる限り生かしシンプルに添削」を選択し、さらに、「原文を最大限生かし、添削箇所は最小限にとどめて下さい。」などとお伝え頂ければ、可能な限り講師が対応させていただきます。

ご利用ガイド

  • 入稿時「英文をできる限り生かしシンプルに添削」を選択してください。
  • メッセージ欄から「添削箇所は最小限にとどめて下さい。」と講師にお伝えください。
アイディーの英文を変更してほしい!もっと提案がほしい場合

英文の変更方法は原則講師にお任せとなるため、講師によって英文を大幅に変更する講師や、お客様の英文を可能な限り生かしながら添削を行う講師もおります。ご入稿時に、メッセージ欄から日本語文を元に抜本的に修正してほしいと講師にメッセージ欄から伝えて下さい。可能な限り講師が対応させていただきます。

しかしながら、比較的簡単な英文の場合や内容が単純な英文の場合、代替表現が少ないため、お客様の意図する多くの提案が受けられない場合もございます。その場合、お客様の英文は問題なく内容や意味が通じる正しい英文であることを意味しております。このようにお客様の英文の完成度が高い場合も同様に提案が少なくなります。添削はお客様の英文をお直しするサービスですが、「もし、他の人なら同じ英文をどのように書くだろう?」と思ったらアイディービジネスの英語翻訳サービスをご活用ください。

ご利用ガイド

  • メッセージ欄に「添削時に大幅に変更して下さい」と講師にお伝えください。
  • 日本語文をご入稿頂くと、英語専門家が代替表現を提案しやすくなります。
  • 比較的簡単な英文や単純な英文は代替表現が少ないため、提案が少なくなります。
  • お客様の英文の完成度が高い場合、提案や解説が少なくなります。
  • 添削を超えて全く別の英文へ変更をご希望の場合は英文翻訳が大変参考になります。
アイディーの自分の意図している添削結果と違うと思ったら(英文のみで添削)

また、英文のみで添削を行うネイティブ添削やお手軽添削コースの場合、文法が崩れていると、崩れた英文を推測しながら添削を行うため、著しく添削精度が低下する場合があります。このように英文のみご入稿頂いて添削を行う場合、英文の内容によっては添削精度が下がる場合がございますので、お客様の意図する設計図(日本語文)を同時にご入稿頂くことで添削精度を改善できる可能性がございます。ぜひお試しください。

ご利用ガイド

  • 添削の設計図となる日本語文を同時にご入稿頂くことで添削精度が大変向上します。
  • 文法が崩れていると内容を正しく理解できないことがあります。
アイディーの自分の意図している内容と違うと思ったら(日本語文+英文でご入稿)

英語スキルの高いお客様の場合、英文と日本語を両方ご入稿頂くことで、日本語寄りの英文へ提案・変更されてしまい、お客様の理想の添削と異なってしまう場合があります。英文にご自身の意図する内容をまとめることができるスキルの高いお客様の場合、積極的にネイティブでの添削をご利用頂くことで、より生きたネイティブならではの英文に添削することができます。 また、日本語文を入れると添削が理想の結果にならないと感じたら、英文のみ(お手軽添削コースやネイティブによる添削)でご入稿頂くと、シンプルなお客様の英文を生かした添削結果を受け取ることができます。

日本語は読み手によって違うニュアンスで受け取られやすい言語ですので、「読めばわかるだろう」「推測できるだろう」と曖昧な日本語文をご入稿頂くと「ニュアンスが違う」という問題が発生致します。そのため、英文だけなく日本語文もより具体的に美しい文章で、さらにメッセージ欄にもそのバックグラウンドなどをご記入いただくことで、日本語文の誤認識を減らし、添削精度を向上させることができます。

ご利用ガイド

  • 英語レベルが高いお客様は英文のみご入稿頂くネイティブによる添削が大変お勧めです。
  • 日本語文と英文を両方入稿すると日本語寄りの英文へ提案・変更されます。
  • 日本語文は違うニュアンスで受け取られる場合がありますので、わかりやすい日本語で
  • わかりやすい具体例などを含め、細かくメッセージでお伝えください。
納品後24時間以内に追記(補足)される場合があります。

添削結果が届いてから24時間以内は添削品質向上のため、講師から添削結果や解説について追記(補足)できるようになっています。もし、講師から追記が入るとお客様のメールアドレスに通知されますので、もし、追記が講師から入った場合は該当案件を表示し、追記内容をご確認ください。

注意事項
原稿ご入稿の際の注意事項
  • 英語日記は、お客様の日々の出来事が文章の主軸として構成されている原稿を対象としております。そのため、英語日記の内容かの判断が難しい場合には、原稿をお戻しさせていただきます。
  • 専門性の高い研究論文や契約書・法律・理化学・工学・医学などの専門用語や表現が含まれている場合、また政治、経済、行政、など比較的難易度が高い原稿をお戻しさせていただく場合があります。
  • 質問オプションをご利用の際、質問の内容について講師への負荷が高くなる可能性がある場合、原稿をお戻しさせていただきます。
  • 英文の内容と日本語文の内容が正しく一致していない場合、(英文と日本語文の内容が異なっている場合)日本語文を元に正しく添削することができず、添削精度が低下するため原稿をお戻しさせていただきます。
  • 入稿英文に関係のない質問が含まれていた場合、原稿をお戻しさせていただきます。
  • 特定の教材やサイトの紹介を希望する文章が含まれていた場合、原稿をお戻しさせていただきます。
  • 「特定の条件で添削してほしい」「単語や表現をリストアップして欲しい」等、添削作業上講師に一定の負荷のかかる可能性のある作業依頼が含まれていた場合、原稿をお戻しさせていただきます。
  • サイトのタイトルを考えほしい」「例文を作ってほしい」「課題を出してほしい」など創作性の含まれる相談や添削作業以外の依頼が含まれている場合、原稿をお戻しさせていただきます。
  • 犯罪・詐欺・暴力・反社会的勢力・不正取引・麻薬・虐待・性的表現・クレーム文章・その他、当社が英文の添削を行うにあたり、添削する事が出来ない、難しいと判断した場合、原稿をお戻しさせていただきます。
  • その他講師や事務局の判断で案件をキャンセルし、ポイントを返却させていただく場合があります。
  • 個人情報保護の強化を行っており、取り組みの一環としてお客様からの入稿原稿内に含まれる個人情報を特定する固有名詞は別名に変更する等の配慮をお願いしております。ご協力下さい。
  • 講師の善意によって、例文を作ったり表現のアドバイスを行うことがありますが、お客様から講師にそれらを依頼したり強制することは出来ません。
  • 原稿をお戻しした際には、使用したポイントは返却されます。また、添削定期券を利用してご入稿頂いた場合は、定期券の有効期限が1日延長されます。(定期券の場合、有効期限が1日延長されますので同日に既に入稿していた場合、再入稿は不可となります。)
  • 入稿方法に誤りがあった場合、原稿をお戻しさせていただきます。
  • アイディーでは採点するための客観的な一律の基準がございませんので点数や評価をつけて欲しいとのご要望の掲載があった場合、原稿をお戻しさせていただきます。
  • 意味をくみ取りづらい表現や内容が含まれる場合、原稿をお戻しさせていただきます。
サービス全般についての注意事項
  • 専門用語が含まれているか否かは講師の確認、事務局の確認を要するため案件キャンセルのご連絡に最長72時間以上を要する場合もございます。緊急性を要する原稿のご入稿には十分ご注意ください。
  • 混雑時には最長添削に72時間以上要する場合がございます。マイページ内のお届け目安時間をご確認下さい。また、お急ぎの英文チェックについてはアイディービジネスをご利用ください。
  • 万一、添削結果の内容に瑕疵が含まれていた場合は、無償でお直しさせていただきます。その際には、講師質問欄からデポジットとして20ptをお支払いただき、ご質問ください。添削結果に瑕疵が含まれた場合、デポジットポイントは返却されます。
  • 指名をせずに特定の講師からの添削を拒否する事はサービスの特性上行うことができません。多くの講師が持ち回りで添削を行うため、添削結果や解説にバラつきが発生します。予めご了承下さい。
  • 本サービスは英語に関するすべての問題を解決できるサービスでありません。
  • 添削サービスの特性上、講師によって、指摘する個所や間違について判断する基準が異なります。本サービスは完璧な英作文の正解を伝えるサービスではなく、講師がお客様の英文原稿についてアドバイスするサービスとなります。予めご了承ください。
  • 各種機能は弊社の仕様変更によって、内容が変わる場合があります。
  • その他、上記以外の内容は利用規約に細かく記載されています。利用規約の内容を順守し、講師・お客様が協力し合いながら楽しくアイディーをご活用下さい。
定期券についての注意事項
  • 定期券は1日1回ご購入頂いた定期券の規定単語数分をご入稿いただけます。原稿が規定単語数よりも超過した場合、超過分はポイントでのお支払いとなります。
  • 現在所有している定期券と同じ定期券を購入すると、有効期限が合算されますが、現在所有している定期券と別の定期券を購入した場合は、新規利用となり、変更日から有効期限がスタートします(有効期限の合算はありません)。
  • サービスの特性上講師が毎回異なるため添削品質に一定のばらつきがあります。定期券をご購入頂き、万一ご満足いただけなかった場合は、購入後1週間以内の返金保証をご利用ください。
  • 定期券利用中に原稿をお戻しした場合は1日有効期限を延長致します。
  • 定期券の1日という表記の基準は24時間となり、24時間以内に1回の添削をご利用いただけます。
  • 定期券はお得にご利用頂ける反面、多くの注意事項がございます。是非定期券をご活用いただき、お得にアイディーをご利用ください。
ポイント・お支払についての注意事項
  • ポイントの有効期限は購入日から180日間となります。
  • 1ポイントあたりの価値はお客様の購入方法によって異なります。1000ポイント以上まとめて購入頂ければ、よりお得にご利用いただけます。
  • 有効期限の日付に到達するとポイントが失効致しますのでご注意くださいませ。
  • ポイントの払い戻しは行っておりませんので、有効期限内に無理なく消費できるように購入単位が100ポイント(添削1回~2回分)から購入できるようになっております。お客様のペースでご負担にならないように無理なくご利用下さい。
講師への質問・指名についての注意事項
  • 講師のスケジュールの都合によって添削や質問の回答には1~3営業日必要となる場合があります。
  • 講師のスケジュールの都合によって添削や質問にお答えできない場合があります。その場合はポイントを返却させていただきます。
  • 講師への指名や質問は、質問の回答や添削結果が確実に得られる事を保証した機能・サービスではありません。ご理解の上ご利用ください。
  • 万一添削結果にミスが含まれており、質問欄からご指摘いただいた場合、ポイントは事務局より返却させていただきます。
  • 英文や質問の難易度、その他事務局の判断によって質問原稿や添削原稿をお戻しする場合があります。
  • その他原稿入稿の際の注意事項に準じ、案件キャンセルを行う場合がございます。
  • 添削内容に万一ミスが含まれていた場合、質問欄からご質問いただくことで無償でお直しさせていただきます。
  • ご利用方法に誤りが含まれている場合、内容に関係無く質問をお戻しさせていただきます。
  • 講師のスケジュールによって、添削や質問がお受けできない場合がございます。お急ぎの場合はご利用を十分ご注意頂き、楽しくご利用くださいませ。
ページTopへ
新規メンバー登録・今なら無料登録で100ポイント(1,200円相当)プレゼント中!
無料メンバー登録
TOEIC(R) and TOEFL(R) are registered trademarks of Educational Testing Service (ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.
英検(R)は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。
当サイトに記載されている会社名、学校名、サービス名及び製品名等は、各社の登録商標または商標です。