クリスマス期間限定。10%ポイント増量キャンペン実施中!2017年12月11日~12月25日
HOME

「正しく美しい英語」を早期から。

身近に「正しく美しい英語」を指導してくれる先生がなかなかいない、
という悩みはございませんか?
英語に親しむといっても、身近に「正しく美しい英語」を指導してくれる先生がなかなかいない、という悩みを多くのご家族が抱えておられます。
美しい英文を使いこなすために講師が丁寧に指導。お子様の将来の受験対策や資格取得にも役立つ、実際によく使われる英文例を紹介しながら、シチュエーションに相応しくない表現を使用した際には、しっかり講師から赤ペンが入れて、指導させていただきます。もちろん、指導履歴は添削結果に記録されるため、親子で添削結果を見直すことができ、親御さんにとっても安心してご利用いただくことができます。

お客様からの喜びの声

慶應義塾湘南藤沢中等部合格
英語のライティングが大好きになりました。

入試科目に英語エッセイがありましたが、Mr.Leahookのご指導のお陰で英語のライティングが大好きになったので無事に合格する事が出来ました。特にpreposition の間違いは何度もわかりやすく直していただきました。またQ&A Boxでのやり取りは毎回とても楽しみでした。ありがとうございました!Thank you sooooo much Mr.Leahook:)

利用したサービス

英語日記課題

添削列

英語専門家による添削例

お客様からいただいた原文
私は今日部屋を掃除した。(お客様日本語文)
I cleaned the whole the house today.(お客様英文)

アイディーの英語専門家の回答
I cleaned the whole house today.(添削結果)
伝わりますがより自然になるように補足しました。(添削理由)

アイディーの英語専門家の解説とコメント
とても良く英語の文法を使われています。惜しい箇所が一つだけ、wholeとhouseの間にある二つ目の冠詞のtheが必要ありません。それ以外は、全く問題ありませんよ!

wholeは「全体的な」や「すべての」という意味の形容詞で、名詞にかかります。この場合は「家」という意味のhouseにかかりますね。通常、冠詞は名詞の前に付きますが、その名詞の前に形容詞(その名詞を修飾する言葉)がある場合、冠詞は形容詞の前にきます。よって、the whole houseで「その家全体」や「その家中」という一まとめの単語になります。原文でwholeの前にtheを持ってこられたのは大正解です。



ネイティブによる添削例

お客様からいただいた原文
Because I am tired, I seem to be able to sleep well.(お客様英文)

アイディーのネイティブの回答
I am tired, so I should be able to sleep well.(添削結果)
I fixed some of the parts to make them more natural way of saying.(添削理由)

アイディーのネイティブの解説とコメント
1) When we use “seem(s) to,” it does not refer to the future: it means that we have looked at something and seen how it looks in the present. What you want to say here is the future--”When I go to sleep, I think I will be able to sleep well.” That’s one possible phrasing, and I’ve offered another, “I should be able to sleep well.” You could also say “I’ll probably sleep well” or “I expect to sleep well,” among others. 2) In order not to begin two sentences in a row with “because,” I took it out here and changed the sentence to use “so.” The meaning is the same.

おすすめのご利用方法

「英語日記」への取り組みが英語学習を習慣化させます。

まずは「英語日記」で普段の出来事を英語でまとめるトレーニングをしてみましょう。学校での出来事、友人との会話、趣味・家族のこと、こういった自分の身近な出来事を「自主的に」英語で説明するトレーニングこそ、参考書などでは学ぶことができない、生きた英語学習となります。まずは英語日記をコツコツ書いて、英語学習を習慣化させましょう。

「写真描画課題」が楽しい!
人気の課題で興味とやる気を引き出します。

お子様には、写真をみて描写を英文で説明する「写真描画課題」がおすすめです。毎日日替わりで出題される世界中のプロカメラマンが撮影した美しい写真を用い、お子様の興味とやる気を引き出します。

能力の高いお子様にはネイティブ講師もお勧めです。

高い英語力をすでに有するお子様の場合、ネイティブ講師へ早期に移行することもお勧めです。子供たちに外国人とのふれあいの機会を増やすことで英語学習への情熱をさらに高めることができます。
おすすめのサービス

持ち込み英文添削

英語日記課題

日替わり英作文課題

自由英作文課題

和文英訳課題

写真描画課題

よくあるご質問

子供にアイディーを利用させるか検討しています。どのような学習プランがおすすめですか?

「持ち込み英文」による英文の添削はもちろんのこと、将来の英語能力試験に備えて、毎日日替わりで出題される「写真描画課題」をはじめ、英会話対策で回答を導くヒントも付録されている「和文英訳課題」、今日の出来事を英語で説明する「英語日記課題」などもお勧めです。まずはお子様が興味をもつコースからチャレンジしてみると良いかもしれません。 慣れてこられたら、テーマや課題に取り組む「日替わり英作文」や「自由英作文」で英検対策もできます。
子供向けの添削や解説は行ってくれますか?

はい。アイディーにはパーソナライズド設定という、お客様の学力や年齢、目的や目標を講師に通知できる機能が用意されています。講師はその情報を元に、お客様の学力や年齢に応じて、最適な指導を致します。
何歳くらいからアイディーを始めることができますか?

特に年齢制限は設けていない為、いくつのお子様でもアイディーをご利用頂けます。小学生ですと小学校4~5年生くらいからスタートされるお子様が多いですが、中には小学1~2年生のお子様もいらっしゃいます。お子様の興味を尊重しつつ、まずは無料登録によるプレゼントキャンペーンをご活用いただき、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ページTopへ
新規メンバー登録・今なら無料登録で100ポイント(1,200円相当)プレゼント中!
無料メンバー登録